徹夜の次の日は

不思議な現象。
徹夜明けは必ずといっていいほど、飲みに行きたくなってしまう。ほとんど病気に近い。

そして、昨晩またその発作が発症。21:30過ぎ、雨の金曜日の夜に向かった先は新橋の飲み屋街の一角にある、立ち呑み活力魚金
c0164652_2231010.jpg




店に入り目に飛び込んできたのは、女性客。ほぼ満員の店内の4割~5割方を占めている。バルのような洒落た店作りではないのに、立ち飲みでこの人数。これには驚き。人一人通れないような狭い通路を店のほぼ真ん中辺りの席に向かって歩きます。
基本はカウンターだが、4人くらいで囲めるテーブルが2席ほど。
c0164652_22134039.jpg

c0164652_22132690.jpg

とりあえずのビールをオーダーし、しばしメニューを食い入るように見る。
価格は、なかなかリーズナブル。メニューも比較的豊富な上、カレーなどお腹をしっかりと満たしてくれるものや、デザートもある。
そして飲み物は焼酎にワイン、サワーとこちらも豊富。
c0164652_22151246.jpg
c0164652_22153110.jpg


手始めは、お刺身から。
c0164652_22182245.jpg

6種が山ほどお皿にのっかって、580円。これはCP高すぎ。
マグロ辺りは筋っぽさが否めないが、はまちやたこなどその大きさとボリュームと味はすばらしい。

お刺身で既にお腹は一杯に。しかし、ちょっと口寂しいため、ザーサイとふかひれ入りもやしのシャキシャキ炒めを追加オーダー。
c0164652_2218374.jpg

そして、ビールがなくなったところで2杯目はスパークリングワイン。魚介系たち飲み屋でスパークリングワインとは、なんと言う食べの飲みあわせか。
c0164652_22185372.jpg
c0164652_2219639.jpg


うれしい誤算だが、一人ではとても量が多すぎるくらい。この店、基本一人ではなく2人以上向けに設定されている。これは系列のビストロUOKINなどと共通するところ。立ち飲みの聖地、新橋の中にあってかなり満足できる。ついつい2軒目に行ってしまいたくなるところが、ちょっと怖い。

そして、2次会はスパークリングワインの流れもあってワインバーへ行くことを決心。
これもまた、病気。

立ち呑み活力魚金 ( 新橋 / 居酒屋 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ


[PR]

by ricky | 2010-04-17 07:42 | 新橋  

<< いっそ、隠れ家にしてしまおうか 誕生日の夕食は、ラーメン >>