おかずによし。つまみによし。

イベント視察で、赤羽橋に行くことに。そうそう来る機会のない街。
ということは、もちろん知らないお店にいけるってこと。
初の赤羽橋ランチに選んだのは、大江戸線駅近くの東麻布 逢坂
c0164652_22393366.jpg




外観は、うちっぱなし。店名から想像とはギャップがあります。
しかし、店に入る前から“いいお店オーラ”が漂っています。

入り口にはランチメニュー
c0164652_22401321.jpg

やや暗い螺旋階段には、酒瓶や前掛けが。
c0164652_22413355.jpg

降り扉を開けると・・・
c0164652_2241598.jpg

内装もうちっぱなし。目の前に広々とした10席ほどのカウンター席と奥に個室。
ちょっと洒落た感じのダイニングバー。イメージしてたよりもモダンな感じです。
c0164652_2245815.jpg
c0164652_22455098.jpg

さらに、店内に流れるJ-WAVEがその雰囲気に輪をかけています。
c0164652_22523771.jpg

鯛茶づけにしようと思っていたのに、残念ながら豚天ぷら(1,000円)しかなし。
とは言え、この雰囲気から期待がもてます。

ゆったりとした時間が流れているような雰囲気の中、
料理の出てくるまでの数分間、まるでバーにいるようなくつろぎタイム。
夜も良さそうです。そしてし、高そうです。
c0164652_22443226.jpg

さぁでてきました。
ご飯、貝の味噌汁、漬物、じゃがいもの酢の物、温泉たまご、そして豚天。
c0164652_22472620.jpg

ご飯の輝きや漬物、じゃがいもをはじめとして素材が良さそう。
そして手間がかかっているのが目に見えます。

貝の出し味、そして味噌とのバランス
じゃがいもの歯ごたえと舌触り
c0164652_22481838.jpg

温泉たまごの優しさ
c0164652_22475543.jpg

豚天のサックサクの衣
c0164652_22484120.jpg

それぞれが、ご飯と一緒に食べてもうまい。
もちろん酒のつまみとして食べるのにも絶妙な味。

ということで、しっかりと味わいながらもあっという間に食べ終わる。

「また来る機会を、仕事でつくろう!!」と決意するのだった。

東麻布 逢坂 TEL 03-5571-5767
住所 東京都港区東麻布1-24-4 B1F
営業時間 [月~金]11:30~14:00 [月~土]18:00~24:00
定休日 日曜

グルメ


食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ ちょい悪サラリーマンへ
[PR]

by ricky | 2010-11-12 22:54 | 六本木・西麻布・麻布十番  

<< サクラサク じゃがいもって、ホントすばらし... >>