僕が歩んできた道 ~自由が丘編~

8年ぶりだろうか。この地に足を踏み入れるのは。
待ち合わせの時間より30分前にあえてこの地に立ち、学生時代を思い出す。
ふらふらと、当時よく聴いていたこの曲を胸に。




駅前
c0164652_23353045.jpg

あの頃とあまり変わっておらず
c0164652_23423999.jpg


夜の街は人も疎ら
c0164652_2344455.jpg


あの店は、今もまだやっているのだろうか。
c0164652_23445773.jpg


ビルはあの当時のまま。お店だけが変わっていた。
c0164652_23455643.jpg


初めて見たときには、とっても驚いたものだった。
c0164652_23471647.jpg

確か今はもう、いないはず。

熊野神社
c0164652_23481434.jpg


お参りしていこう
c0164652_23492459.jpg

あの頃は、お参りのためではなく
c0164652_23495823.jpg

ただただ別れの時間くるのを惜しんだ場所に過ぎなかった

笛の音がさみしい。
c0164652_23501215.jpg


Precious Memories ~globe~
Mm… Ha… Mm…
学生の頃のはなし カウンターで足を組み
カクテル少しピッチ速くて いろいろ話題が飛ぶ

あの娘はどこで働き あの男は何をしてる
最近あいつが電話してきたよ あなたは今も飲み友達で
オフィスビルすりぬけて 今日も一日が終わって
クーペタイプの疲れたシートに座って
カーステレオからslow dance
そして切ないlove song 時々ふっと思い出す
Mm precious memories

懐かしくても会えずに どこにいるかも理解らずに
偶然 街ですれ違っても気付かずにお互いの道を目指してる

階段をかけのぼってヒールもだんだんはかない
アドレスのデータもほとんど使わない人ばかりになる
週末ばかり気になって今もそんな話題がでてる
だけどふっと思い出す
Mm precious memories

懐かしくても会えずにどこにいるかも理解らずに
偶然 街ですれ違っても気付かずにお互いの道を目指してる

月日が流れて少しずつ遠ざかる 夢のかけら
誰と暮らしているかも知らずに何かを忘れてく

懐かしくても会えずにどこにいるかも理解らずに
偶然 街ですれ違っても気付かずにお互いの道を目指してる
Mm… Mm…


22歳の春~夏を駆け抜けた、一瞬の出来事。
忘れかけていた記憶。
[PR]

by ricky | 2011-08-09 00:08 |  

<< 気持ちは、すっかりと切り替っていた 三角地帯の隠れ家的居酒屋 >>